ホーム > 採用情報 > 研修制度

研修制度

先輩からのメッセージ

薬剤師 宇川 逹朗

薬剤師として「何ができるか」を常に考えて仕事をしています

今、私の仕事は薬局内に留まらず、居宅療養管理指導(在宅患者訪問薬剤管理)という形で、患者様宅に訪問して、薬の説明を行い、その患者様にあった形を医師へ提案し、他職種の方と協力して薬が正しく飲めるようにサポートしています。

また、薬の副作用が出てないか確認を行い、副作用や体調の変化があれば医師やケアマネージャーへ情報提供を行っております。
現在取り沙汰されているポリファーマシー(飲む薬が多い)に対しても、不要そうなお薬があれば医師へ連絡し、減薬出来ないか提案も行います。

患者様から「いつもありがとう」という言葉を頂き、薬剤師としてやりがいを感じています。
在宅医療に興味のある方は留萌地方においても十分な経験をする事が出来ます。

 

薬剤師 佐々木 雅志

勉強会や講演会では新規医薬品やトピックスなどの「今自分が知りたい事」を勉強することができ、地域の研修会に参加する事で一つのテーマに対する他職種ならではの観点を知ることで「明日話したくなる事」を学ぶことができます。

地域柄患者さんとの距離が近く、日々の生活における食事や運動などの素朴な疑問や質問を投げかけられることも多いのですが、栄養部との連携・バックアップにより、食事療法や運動療法などの非薬物療法についても、個々の患者さんに合わせた服薬指導を行うことができます。

また、散薬調剤ロボットや自動水剤分注装置などの調剤支援システムにより、錠剤に比べ汚染や誤調剤が起こりやすい分包や計量を迅速・安全に行うことができ、少しでも多くの時間を患者さんとの対話や服薬指導に活用できるようシステムを整備しています。

ぜひ一緒に楽しく仕事しましょう!

 

医療事務 佐藤 綾香

会計、受付、処方箋入力、保険請求業務、在庫管理など事務職のスタッフも募集しています。
事務職は様々な業務があり覚える事も多いですが、出来るようになってくるととても楽しくやりがいを感じます。

また、資格を持っていなくても働きながら資格を取得する事ができ患者さんと接する事が多い職場なので笑顔と思いやりをもって接する事を日々大切にしています。

薬剤師、栄養士、事務のみんながとても仲が良くコミュニケーションがとれる環境も仕事に活かされていると思います。

 

医療事務 忠鉢 有紀

私は職場に入りたての頃、パソコンの「パ」の字もわからず、レジの使い方もわからなかったのですが、全て一から始め吸収し、今では「自分の力」を発揮するところを多く見つけ、仕事にやりがいを感じています。

職員一丸となり全力で仕事をこなし、疲れた時は声を掛け合いながら休憩をしたりと、過ごしやすい環境でもあります。日々、薬剤師や職場の先輩、後輩たちと一緒に働きながら、経験を重ね、吸収し多くのことを学べる職場です。

お薬のことだけではなく、福祉用具や健康食品などにも触れて、知識も増えて楽しいです。
ぜひ、皆さんも一緒になって、楽しく働いてみませんか?

 

管理栄養士 瀧本 菜津子

栄養士は、健康食品などの配置の提案や季節に応じたおすすめレシピの提供を行っています。将来的には気軽に地域の方々の食事相談にのれるような存在を目指しています。

普段は事務の仕事を行なっており患者さんと触れ合う時間が多く、大学では学ばなかった保険請求業務についても学ぶことができます。

薬剤師とコミュニケーションをとる事も多く、疾患や薬についても知ることが多いです。

薬局に栄養士?と疑問に思われるかもしれませんが、地域の方々の生活背景を考慮した栄養サポートを一緒に考えませんか?

 

医療事務 山口 聖香

ここに勤めて早いことに6年目となり、気がつけば後輩もたくさん!毎日楽しく業務を行っています(^○^)

みなさんはお薬をもらう際、お薬代を支払っていますが、お会計の負担が大きいな?と感じたことはありませんか。
そんな時、限度額適用認定証が助けとなります!

通常、高額な医療費を払った場合、加入保険の方に申請をして上限を超えてしまった分を払い戻しするという制度(高額療養費制度)があります。
ですが、その場で高額な医療費を支払い生活に負担が掛かってしまい困っているという方もいらっしゃると思います。

限度額適用認定証とは、あらかじめひと月の上限金額を定め1ヶ月の間でその上限以上の医療費を頂かないというシステムになります。(※所得により上限には個人差があります)

限度額適用認定証をもらうには各健康保険の窓口にて申請をして、発行してもらいます。

ひと月の負担が多い方、あらかじめ医療費が高くなることが分かっている方であれば限度額認定証明書を申請をオススメします。

既に限度額適用認定証をお持ちの方は処方せん受付の際に、保険証と一緒にご提示くださいね(^○^)
また、分からないことがあればいつでも当薬局の事務へお尋ねください!

 

管理栄養士 堀松 咲良

栄養士としてより近くで患者様の栄養をサポートしたいと思いあかね薬局に入職させて頂きました。

薬局の栄養士の仕事は、患者様への栄養指導、栄養補助食品の説明・販売、商品のPOP作成、栄養コラム作成などがあり栄養士としてやりがいを感じることができる業務をたくさん行うことができます。
栄養士業務の他には、処方箋入力などの医療事務業務も行うため、薬の種類や作用についても学ぶことができます。

私はまだ入ったばかりなのでできないことが多いですが、少しずついろいろな仕事ができるようになり楽しい毎日を送っています。
将来的には、患者様の内用薬にも配慮をした栄養指導ができる管理栄養士になれるよう勉強していきたいです!

ぜひあかね薬局で一緒にやりがいのあるお仕事をしませんか?ぜひお待ちしています。

 

薬剤師 高田 翔和

あかね薬局は留萌市立病院の目の前にありますが、市立病院だけでなく旭川医科大学病院など様々な病院の処方箋を受け付けているので、多くの薬の使い方を学ぶことが出来ます。
また、医薬品に関する勉強会の実施だけでなく、道内や道外の学会・研修への参加を積極的に支援してくださるので、留萌だからといってハンデを感じることもありません。入社してまだ間もない私ですが、道外企業との合同研修や在宅への介入、リスクマネジメントなど、沢山の経験を積ませていただいています。

私は大学5年生まで「留萌は田舎だし勉強会とか研修とか札幌の企業みたいに参加出来なさそうだなぁ。勉強出来ないんじゃないかなぁ…。」と思っていました。しかし、実際に働いてみて、勉強に場所は関係なく自分の探究心と向上心次第でいくらでも成長する事がでるということを実感しました。

勉強面の話が中心になりましたが、もちろん社員同士の交流の場も沢山あり楽しく働くことができます!!
ぜひ留萌で一緒に働いてみませんか?

 

研修制度

株式会社ハートファーマシーでは、社員のスキルアップを全力で応援しています。
全ては「地域の皆様のお役に立てる薬局として」という理念のもとに、全国のどの薬局にも負けないスタッフの育成を目指しています。

RPAカンファランス

Rumoi Pharmaceutical Association
(一般社団法人るもい薬剤師会)

株式会社ハートファーマシーでは、月2回 一般社団法人るもい薬剤師会の先生方と合同で新製品や留萌市立病院採用薬の製品勉強会を実施しています。また、その他にも外部講師を招き、スキルアップ研修会を実施してます。

 

出産や育児で休職をしていた方の「復職支援」にも力を入れています。

出産と復職について

働いていて出産の為育児休業を取得し職場復帰を考えている女性は多いと思います。
ハートファーマシーでは休業中でもスムーズに職場復帰できるよう会社の情報を確認する事ができます。

復帰後も子供の急な発熱や怪我などで連絡が来ても周りのスタッフが全面的に協力してくれるので働きやすい環境作りを心がけております。
子育てしながら仕事もしたい!働く女性を推進します!

出産しても継続して働きたいという方は会社に申し出ていただければ、下記の休暇も取得する事ができます!!

  • 産前、産後休暇、育児休暇
  • 傷病手当金、出産手当金、育児休業給付金

 

過去の研修実績

  • 日本在宅薬学会
  • 一般社団法人薬剤師あゆみの会
  • 一般社団法人るもい薬剤師会
  • 留萌医師会学術講演会
  • ルモイ地域連携パス協議会
  • がん疼通緩和と医療麻薬の適正使用推進のための講習会
  • 日本アプライドセラピューティクス学会学術大会
  • 北海道薬学大会
  • 日本薬剤師会学術大会
  • 女性薬剤師会スクーリング
  • 留萌市立病院開催 研修会
  • 医療安全研修会(あかね薬局)
  • メーカー説明会 多数(医療機器・OTC・医療用医薬品など)
  • 医療安全教育セミナー

その他、WEB研修などたくさんの研修に参加をしています。現在はWeb研修が多く地域差はありません。

 

お問い合わせTEL:0164-49-1212 FAX:0164-49-1213 メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

 



このページの最上部へ


Copyright heart pharmacy CO.,LTD All Rights Reserved.