管理栄養士コラム

『らくらく介護教室』

管理栄養士の堀松です。

8月20日、るもい健康の駅で行われた『らくらく介護教室』にて講和を行ってきました。

男性女性併せて15名ほど参加いただきました。

皆様から
「あかね薬局に栄養士がいることを知らなかったです。」
「そもそも薬局に栄養士がいるということも知らなかったです。」といったお声や
「間食の200kcalって実際にはどれくらいの量なのか?」
「たんぱく質60gを摂るためにはどれくらい食べないとならないのか?」といった疑問に具体的な量を示すことで、驚きの声や大きな頷きをいただきました。

健康意識の高い方が多かったのでクイズやテスト、計算など進んで積極的にやっていただけましたし多くの質問もいただきました。

また、栄養プラスの試飲をした際にどれくらいの値段がするのか、どういう効果があるのかなど関心を寄せる方が多くいらっしゃいました。

皆様からいただいた質問内容

Q.お肉を食べないといけないのは分かっているが、全く箸が進まない。どうしたら良いでしょうか?

A.「塊になっているお肉だと食べづらい」という方には挽肉を使ってたんぱく質を補ってあげてください。特に‘あん’(とろみ)をプラスすることで食べやすさもアップするかと思います。

Q.高齢の方に水分摂取の重要性を伝えたいのですが、うまく伝えられないし、伝わらないのですがどうしたら良いでしょうか?

A.喉が渇いたと感じていなくても、呼吸をしているだけでも水分は失われています。手に口を当てて息を吐くと手が湿るように常に水分は失われているので喉が渇いていなくてもこまめに飲むように促してみて下さい。

  • 『らくらく介護教室』の写真
  • 『らくらく介護教室』の写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

Copyright heart pharmacy CO.,LTD All Rights Reserved.

このページの最上部へ